自然体験

授 業 名 自然体験
実施学校名 松本市立菅野小学校
実施学年、学級

参加人数

3学年 4学級  参加人数 130名
担当者 担任
実施日(期間) 平成29年7月7日(金)
講師名 いきものみっけファームin松本推進協議会
実施概要 理科「こん虫のからだを調べよう」及び総合的な学習の時間の一環として実施。

スカイパークにて4人の講師より下記のテーマで生き物探しと観察を行った。

①「ネイチャーゲーム」(公園の中にいる生き物や植物探し)

②「草むらの生き物」(滑走路わきの草むらでの昆虫探し)

実施状況
(授業風景)
 「ネイチャーゲーム」

・公園内の自然のものを材料にして、紙の上に絵を作りました。

「木の枝を使うと、いろいろなものがあらわせていいね。」「もっと葉を集めよう。」

 

 

・ビンゴカードに書かれている動物や植物を公園の中で探しました。

「花や松葉、松ぼっくりを見つけたよ。」「林の中にはいろんなものがあるな。」

 

 

「草むらの生き物」

・滑走路わきの草むらで昆虫を探して捕まえました。

「網に入ったぞ。」「草と同じ色で見つけにくいな。」

 

 

 

「生き物の観察」

・捕まえた昆虫を観察し合い、名前や体の特徴を知りました。

「しょうりょうバッタというんだね。」「きれいな色だなあ。」

 

授業について

 

 記 入 者 担任
1 授業を通しての子どもたちの反応、感想等

・昆虫探しでは、網の使い方を初めにご指導いただき、草むらの中から見つけ出した昆虫を夢中で追いかけて捕まえる姿が多く見られた。

・昆虫観察の時間では、捕まえた昆虫をみんなで見合い、指導者の先生が教えてくださる種類の名前や、体の特徴を熱心に聞くことができた。

・子ども達の捕まえた昆虫を一つひとつ丁寧に学習の中で取り上げてくださり、子ども達はとても嬉しそうだった。

・「ネイチャーゲーム」では、ビンゴカードを使って公園の中で見つけられる生き物や植物を探して楽しむことができた。

・絵作りでは、グループみんなで材料に使う自然のものを集め、相談し合ったり試行錯誤したりしながら行えたことが、楽しさを共有し合うことにつながっていて良かった。

 

2 先生方の感想、要望等

・子どもたちが時間いっぱい昆虫を探したり、じっくり観察したりする姿が多く見られ、進んで学習することができて良かった。

・道具や展開の段取りが十分なされていたことも子ども達の意欲的な活動に結びついていたと感じる。

・専門の先生にご指導をいただき、体験的な学びをつくることができて大変ありがたかった。

・学校から近く、自然にも十分触れあえるスカイパークがあるので、今後もこの事業を活用していきたい。