四賀の産業とバウムクーヘン作り

授 業 名 四賀の産業とバウムクーヘン作り
実施学校名 松本市立会田中学校
実施学年、学級、参加人数 2学年(23名)
担当者 2学年職員
実施日(期間) 平成29年11月9日(木)
講師名 寿さと山くらぶ 、会田共同養鶏組合
実施概要 ・会田共同養鶏組合の概要説明および「あいだのたまご」について

・バウムクーヘン作り

実施状況
(授業風景)
はじめに、会田養鶏様から会社の概要と歴史について座学がありました。あいだのたまごの長い歴史について学びました。

バウムクーヘンの作り方を教わって、材料をまぜているところです。地元で生産された新鮮なたまごにワクワクしています。

竹の棒に何度もたまごをかけていきます。二人の息を合わせて作ります。じっくり焼きあげていきます。

バウムクーヘン完成。きれいに焼き上がりました。この後,切り分けて早速食べてみました。

地元の産業の偉大さを知りしっかりと味わっていました。

授業について  記 入 者 担任
1 授業を通しての子どもたちの反応、感想等

・四賀地区にある会田養鶏には長い歴史があって、こんな企業が自分の住む地区にあることはすごいと思った。

・他にも、四賀の産業について調べて、自分たちの地元にはどんな技術があるのかを知りたいと思った。

・バウムクーヘンの作り方がわかった。年輪のように何層にも重なってできあがるのが面白かった。今度は家でも作ってみたい。

2 先生方の感想、要望等

・今年度の2学年のテーマである「四賀の産業」についての学習ができ、地元産業の「会田養鶏」について学ぶことができました。近隣の産業の歴史と技術力の高さを知ることができました。

・学校の敷地内で、炭火でバウムクーヘンをつくる活動ができ、自然のありがたさとつくることの面白さを実感できました。楽しそうに活動を行っていました。