梓川リバーアドベンチャー(梓川小5年3組)

授 業 名 梓川リバーアドベンチャー

【「信州環境カレッジ」補助事業】

実施学校名 松本市立梓川小学校
実施学年、学級

参加人数

5年3組 31名
担当者 担任
実施日(期間) 令和元年8月27日(火)  9月4日(水) の2日間
講師名 合同会社リトルピークス
実施概要 ・講演「大河の一滴」

・梓川での体験

らっこ泳ぎ 川の歩き方 アグレッシブスイム

実施状況
(授業風景)
(1)「大河の一滴」についての講義

梓川の始まり、用水や護岸工事をされた川と自然にできた地形の残る河との違い・体験プログラムの紹介と注意の講義

(2)梓川にて体験学習

川下り体験

顔や体の正面は川下に向かう、足を上げるなど、川を下る上での留意点を意識して、川を下る体験をした。

川渡り体験

チームを組み、川の流れに平行に縦列で横向きに進むことにより、一人あたりの負担を少なく移動することができることを体験した。

川下りから方向を変えて移動する体験


川を下る体験から、向きを変えて、斜め45°上流に向かって泳ぐことにより、川を横断することができることを体験した。

授業について  記 入 者 担任
1 授業を通しての子どもたちの反応、感想等

・  一人ずつ流されていくのは、最初は心配だったけど、実際にやってみると楽しかった。

・  外からゆるやかに見えるところでも、入ってみると自分で立つのがやっとだったが、流されたり飛び込んだりするのは楽しかった。

 

2 先生方の感想、要望等

・  外部の方に教えてもらい、子ども達にとっていつもと違う気持ちの引き締まりを感じた。

・  はじめてのことがらに不安感が大きく、なかなか取り組めない姿のある児童が、外部講師や周りの子どもたちの励ましによって、他の児童と同じプログラムを体験でき、本人も嬉しそうな表情を見せた。翌日も心情の表れた日記を書いてくることができた。